【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの?

    【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの?

     

    今回のテーマは「ウッドオパール」、前半部分では少し学術的な内容を、後半部分では画像メインにウッドオパールを紹介していきたいと思います。

     

    ウッドオパールとは?

    オパール化した木の化石ウッドオパールと呼びます。英語では、「Opalised Wood(オパーライズド ウッド)」、「Opal Wood Fossil(オパール ウッド フォッシル)」などと呼ばれています。

     

    一般的な流れとしましては、「形成までの過程や価値について」と話が続くわけですが、私の場合、まずは「ウッドオパールのタイプについて」お話ししていきたいと思います。みなさん、ウッドオパールには2種類のタイプがあるのはご存知でしょうか?

    1. タイプ1

    木の化石(枝などの化石)の表面(ひょうめん)や中にオパールを確認出来るもの。

     

    <<タイプ1 ウッドオパール >>

    ウッドオパール 表面(ひょうめん)または中に

    2. タイプ2

    木(小枝など)が腐食して消失した部分にオパールが置換形成されたもの。

     

    <<タイプ2 ウッドオパール>>

    3. どちらがおすすめ?

    それぞれに違った見所があるので答えに困ってしまいます。タイプ1のウッドオパールは木目を楽しむことが出来ますし、タイプ2の方は「このオパールの場所に木があったのか」などと考えているだけで、何か壮大なロマンを感じることが出来るからです。

     

    では、どちらがレアなのでしょうか?うーん、この答えにも困ってしまいます。タイプ1、タイプ2、どちらも同じ割合ぐらい見かけるからです。

     

    現に、木目を確認できる「タイプ1のウッドオパール」の方がレア度が高いというニュアンスで紹介している人もいれば、置換形成された「タイプ2のウッドオパール」の方が珍しいと断言している人もいます。

     

    個人的には、マトリックス特有の細かい遊色が木目に入り込んでいるものや、表面(ひょうめん)にフラッシュ系遊色がのっているウッドオパールが好きです。フラッシュとウッド、なぜか妙に相性抜群です。

    4. 価値は?

    ウッドオパール、確かに市場に出回る数は比較的少ないですし、ウッドの化石という付加価値がありますので、それらが石の価値を多かれ少なかれ上昇させるのは事実です。しかしながら、最終的には「オパール(遊色)のグレードが石の価値を決定する」と私は思っています。

     

    >>知って得するボルダーオパールの価値を決める5つのポイント

    目利きの仕方について詳しく説明しています

    ウッドオパールはどうやって出来るの?

    1. シリカを大量に含んだ砂層の存在⇒2. 気象変動が起こる⇒3. シリカが溶けだす⇒4. 雨が降る⇒5. 雨水が地中へと流れ込む⇒6. 溶けたシリカと混ざる⇒7. 高濃度のシリカ水が出来る⇒8. そのシリカ水が地中深くと、さらに旅する⇒9. 穴などがあれば、そこに溜まる⇒10. 比較的高温の中、シリカ(シリカの球)が底に沈み始める⇒11. シリカの球が積み重なる⇒12. シリカの球の層が徐々に出来る⇒13. 水分が蒸発する、圧力が加わる⇒14. 固まりだす

     

    このような流れでオパールが誕生するわけですが、シリカ水が穴ではなく、地中に埋もれていた木に流れ込んだ場合を考えてみてください。ウッドオパールの誕生です。

     

    そして、オパールが形成される過程で、木(木の一部など)が腐食せずに残ったものがタイプ1の木目を確認できるウッドオパールであり、木がすでに腐食して消失した部分にシリカ水が流れ込んだもの(または、木が腐る⇒物体が消える⇒スペースが出来る⇒シリカ水が入り込む、これを幾度となく繰り返すことで出来上がったもの)が、タイプ2のウッドオパールだと私は思っています。

    1. シリカの球とは?

    「ナノメートルの単位」で表される無色透明の非常に小さなガラス玉のようなもので、シリカの粒やシリカの粒子と表現されることもあります。どの呼び名も、英語の「SPHERES of SILICA」を訳したものだと思われます。

    2. ナノメートルとは?

    10億分の1メートルを表す長さの単位です。赤の発色に必要(適している)とされる球の大きさは300ナノメートル、これをミリメートルで表すと「0.0003ミリメートル」になります。

    3. ただ積み重なればいいの?

    遊色を持つオパール(プレシャスオパール)になるには、同じくらいの大きさのシリカの球が規則正しく並び、そして規則正しく積み重なっていく必要があります。なお、そのような構造を持たないオパールが、コモンオパール(ポッチ)と呼ばれる遊色を持たないオパールです。

    ウッドオパールギャラリー

    お待たせいたしました。ここからは文字の使用を控え、画像メインで進めていきたいと思います。

     

    SNSも要チェック!!
    ・新作情報先行配信
    ・作者に気軽にメッセージ

    ↓ ↓ ↓

    作者のインスタページへ
    (フォロワー680・フォロー38)
    ※2019年6月より

    ↓ ↓ ↓

    https://www.instagram.com/opal_d_taki/

    作者のツイッターページへ
    (フォロワー640・フォロー12)
    ※2022年5月より

    ↓ ↓ ↓

    https://twitter.com/opal_d_taki

     

    <<さまざまなウッドオパール>>

    【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの?ウッドオパールの写真1

     

    <<木目が残るウッドオパール>>

    【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの?ウッドオパールの写真2

     

    <<フラッシュ系ウッドオパール>>

    【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの? ウッドオパールの写真3

     

    <<ピンファイヤー系ウッドオパール>>

    【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの? ウッドオパールの写真5

     

    ところでみなさん、下の写真のウッドオパール、何の木(ウッド)だと思いますか?

     

    <<ウッドオパール(表面)>>

    【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの? ウッドオパールの写真4

     

    <<ウッドオパール(裏面)>>

    【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの? ウッドオパールの写真4-2

     

    実はこのウッド、ヤシの木(PALM TREE/パームツリー)の一種です。※ページ内上部、メイン画像のウッドオパールも「ヤシの木の一種」です。

     

    私はあまり気にしていませんが、このように「何の木か分かっているウッドオパール」は、「何の木か分かっていないウッドオパール」よりも、「より価値がある」とされています。

     

    <<ヤシの木>>

    【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの? ウッドオパールの写真6

     

    以上、「【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの?」でした。完

     

    >>ボルダーオパール販売専門店|OPAL D TAKI

    ↑  ↑  ↑

    グレード・クオリティの高い、ボルダーオパールウッドオパールのルースや原石を圧倒的フェアな価格で販売しております!

     

    ▼ボルダーオパールに関する記事をもっと読みたい人は

     

    ボルダーオパールとは?ボルダーオパールは全部で何種類?

     

    ルダーオパール・ウッドオパールの原石をリメイクしてみた!

     

    【海外サイト対応】購入しようとしているオパールは天然オパール?

     

    【特集】マトリックスオパールとは?ボルダーオパールの価値は?

     

    ▼各種ボルダーオパールを探している人は

     

    【販売情報】価格と質に自信あり!ボルダーオパールはタキにおまかせを!

     

    >>出品スケジュール|ボルダーオパール専門店|TAKI

     

    ▼こんな記事もあります

     

    【パワーストーン】ボルダーオパールが持つ不思議なパワーとベストな保管方法

     

    【ボルダーオパール原石】ソーイングの様子

     

     

    記事公開日 2019年6月19日, 最終更新日 2022年10月22日

    ページ先頭へ戻る