【ボルダーオパール原石】ソーイングの様子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルダーオパール原石 ソーイングの様子

 

今回のテーマは、「鉱山から持ち帰ったボルダーオパール原石のその後について」です。ボルダーオパール鉱山の様子や、そこまでの道のりに関しては以下のページにてご覧いただけます。

 

>>ボルダーオパール鉱山の様子と片道1000キロの長い道のり

 

ソーイングとは?

英単語「SAW ※ソー」の「アイエヌジー形」で、「丸ノコなどを使って木などの硬い素材を切る」といった意味を持っています。ソーイングのことをカッティング(CUTTING)と表現する人もいますが、もちろんそれも正しい表現の仕方です。

 

余談ですが、英単語のCUTは、「ナイフなどの鋭い道具を使って物を小さくしたりする」といった意味になります。

1. 巨大な機械「ブリックカッター」

ブリックカッターと呼ばれる迫力のあるマシーンは、本来はレンガ(ブリック)を切断するのに使用する機械です。鉱山よりボルダーオパールを持ち帰りましたら、まずはこの機械を使って作業を行います。

 

<<ブリックカッター>>

ボルダーオパール原石 ソーイングの様子 ブリックカッター

2. 石の大きさは?

下の写真をご覧ください。ただの大きな岩にしか見えませんが、採れたばかりのボルダーオパールです。大きすぎるものはジャックハンマー(削岩機)適切なサイズに砕いてから作業を行います。

 

<<ボルダーオパール原石 BEFORE>>

ボルダーオパール原石 ソーイング前

3. 作業の目的は?

作業目的はカットする石により多少異なります。オパールがすでに確認出来る石の場合は、余分な部分を取り除くこと、オパールが現れていない場合は、オパールが入っていそうな場所に狙いをつけカットしていきます

 

<<ソーイングの様子>>

ボルダーオパール原石 ソーイングの様子 作業中

 

足元にあるレバー式ペダルで刃の上下調整を行いつつ、手で石を奥に押しながらカットします。ペダルを離しても丸ノコはすぐには止まりませんので、緊急の時は回転ベルトを手で素早く掴みます。

4. ソーイング後

<<ボルダーオパール AFTER>>
ボルダーオパール原石 ソーイング後

 

<<ボルダーオパール AFTER>>

ボルダーオパール原石 ソーイング後2

 

この作業では、このぐらいの形(大きさ)にまで仕上げればOKです。作業済みとなり、次の持ち場の人の所へと進みます。そこでさらにサイズダウンされ、また次の持ち場の人の所へと進みます。そこでの作業が済んだものが、下のようなボルダーオパールです。

 

<<ボルダーオパール原石>>

ボルダーオパール原石 最終ソーイング後

 

ここまで来れば、ルースになるまではあと少しの道のりです。以上、【ボルダーオパール原石】ソーイングの様子でした。完

 

▼ボルダーオパールに関する記事をもっと読みたい人は

 

【特集】ウッドオパールとは?ウッドオパールはどうやって出来るの?

 

ボルダーオパール鉱山の様子と片道1000キロの長い道のり

 

【001★DIY】ボルダーオパールの原石をリメイクしてみよう!

 

▼各種ボルダーオパールを探している人は

 

出品スケジュール|ボルダーオパール専門店|TAKI

 

【販売情報】価格と質に自信あり!ボルダーオパールはタキにおまかせを!

 

 

記事公開日 2015年8月16日, 最終更新日 2019年3月16日

ページ先頭へ戻る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加